保育理念・基本方針・保育の目標

  • Home
  •   »  保育理念・基本方針・保育の目標

保育理念

児童福祉施設として乳幼児の最善の利益を考慮し、豊かな人間性を持った子どもを育成する。

基本方針

・子どもが健康、安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意する。

・家庭との緊密な連携の下に、養護と教育を一体的に行い、子どもの健全な心身の発達を図る。

・入所する子どもの保護者に対する支援及び地域の子育て家庭に対する支援等を行う。

・倫理観に裏付けられた専門的知識、技術及び判断をもって、子どもを保育するとともに、子どもの保護者に対する保育に関する指導を行う。

保育の目標

・少人数の特性を活かし、個々のリズムに合わせて保育します。

・養護の行き届いた環境の中で、子どもの様々な欲求を満たし、生命の保持、情緒の安定を図ります。

・絵本の読み聞かせを通して言葉への興味や関心を育て、話したり聴いたりする態度や豊かな言葉を養います。

・いろいろな遊びを通して協力する喜び、自分で考え工夫する力を養います。

・地域行事への参加や戸外活動など、様々な体験を通して、豊かな感性を育てます。

・エコ教育を通して様々な環境に関心を持ち、自然や物を大切にする心を育みます。